top of page
  • 執筆者の写真vertpommelily

成年後見センター・リーガルサポート正会員

更新日:2023年12月19日

 先日、リーガルサポートの正会員として承認されました。以前勤務していた事務所では、約10件

ほど成年後見等を受任しており、私は補助者として業務に携わっていました。

成年後見、保佐、補助監督人、任意後見など様々な類型の業務を経験できたことは、とても勉強に

なりました。


 最近さらに注目されている成年後見。令和4年度のデータでは、申立件数は3万9719件、12月末時点での成年後見制度利用者数は、24万5087件。成年後見人等とご本人との関係においては、第三者後見人の割合が80.9%で、そのうちの約36%が司法書士とのことです。


 成年後見制度には、①法定後見制度 ②任意後見制度の2種類があります。


①については、

a) 後見(判断能力が全くない) 

b) 保佐(判断能力が特に不十分)

c) 補助(判断能力が不十分)の3つの類型があります。


②は契約による後見の制度で、ご本人に判断能力がある間に、判断能力が将来不十分になる場合に備えて、公正証書を作成して、任意後見契約を結び、任意後見人を選んでおくという制度です。


成年後見開始の申立てや任意後見契約締結のご相談も承っております。

最新記事

すべて表示

ご挨拶

תגובות


bottom of page