top of page
  • 執筆者の写真vertpommelily

相続登記義務化

最近このワードが聞かれるようになりましたね。相続があったけど、不動産登記はよくわからなくて、まだ手続きしていない!とドキッとされる方もいらっしゃるかと思います。


ここでは相続登記義務化について、Q&A形式でご説明します。


Q1 相続登記が義務づけられているのは誰ですか?

   

  A. 不動産の所有権を相続や遺贈により取得した相続人です。


Q2 Q1の「遺贈」とは何ですか?

 

  A. 遺言の中で贈与することを指します。


Q3 施行日はいつですか?

 

A. 令和6年4月1日です。


Q4 義務が発生するのはいつからですか?

 

  A. ①相続人が自己のために相続開始があったことを知り

②不動産の所有権を取得したことを知った日です。


Q5 いつまでに登記をしなければなりませんか?

   

    A. Q4の日から3年以内です。


Q6 施行日の令和6年4月1日時点にQ4を知っていた場合は、どうなりますか?


   A. 施行日の令和6年4月1日から3年以内に登記をしなければなりません。


Q7 もし期間内に登記をしなかったら、どうなりますか?

   A. 10万円以下の過料が科される場合があります(正当な理由がある場合は除きます)。



わからないことがございましたら、お気軽にご相談ください。



   






最新記事

すべて表示

ご挨拶

Comentarios


bottom of page